NEWS

中国の渡航前検査について

令和4年5月19日(木)に中華人民共和国駐日本国大使館より示された「中国渡航前検査及び健康コード申請の最新措置について」によりますと、PCR検査を2回、迅速抗原検査を1回受検する必要があります。


◆1回目PCR検査
 搭乗予定日の2日前に行うPCR検査
◆2回目PCR検査
 出発時刻の24時間以内に行うPCR検査
◆搭乗前の迅速抗原検査
 出発時刻12時間以内の迅速抗原検査


上記につきましては、対応が異なりますので下欄をご参照ください。

【1回目PCR検査(搭乗予定日の2日前)】

5月30日(月)から適用される中国に渡航される場合の必要なPCR検査は、当PCRセンターで実施する迅速検査とは異なり、3ヵ所の遺伝子を調べる時間を要する検査です。
証明書発行時間は採取翌日の12:00以降となります。
ただし、受検された方の約2%において精度管理上、再検査が必要となる場合があり、再度測定を実施するため、「健康コード」の申請期限までに結果が間に合わない可能性が高いことを十分ご理解の上、受検してください。
なお、再検査の結果によっては、再々検査に及ぶことがあります。この場合は、結果が間に合わないことを、あらかじめご了承ください。
また、17:00から0:00に採取した分の証明書発行は翌日扱いとなるため、翌々日の12:00以降となります。

【2回目PCR検査(出発時刻の24時間以内)】

当センターは、中華人民共和国駐日本国大使館の「特別指定検査機関」に認定されておりませんので、検査を行うことができません。

【迅速抗原検査(出発時刻12時間以内)】

当該検査に対応しております。検査後、所定フォーマットを使用した検査報告書を作成いたします。

(注)渡航に関する諸手続きにつきましては、大使館・総領事館にご確認ください。